川合治義つれづれのブログpart2

関市の市民活動家の日々

富野小学校の恒例、本城山登山

長良川鉄道吟行俳句大会実行委員会

 今朝、布団と洗濯物を干しながら待っていると、本城山頂上の岩棚に富野小学校の5年生が現れました。今年の5年生は頂上での動きがことのほか活発ですね。入れ代わり立ち代わり岩棚の上に立ったり、座ったり。

f:id:heisei35:20211112211619j:plain

f:id:heisei35:20211112211631j:plain

f:id:heisei35:20211112211648j:plain

f:id:heisei35:20211112211700j:plain

f:id:heisei35:20211112211710j:plain

 

f:id:heisei35:20211112211734j:plain

f:id:heisei35:20211112211748j:plain

f:id:heisei35:20211112211803j:plain

f:id:heisei35:20211112211819j:plain

 先月やって来たジョウビタキが我が家の周りを縄張りとして主張しています。でも、同じ縄張りを宣言しているモズによく追いかけられています。

f:id:heisei35:20211112211835j:plain

 午後には市役所で長良川鉄道を利用して俳句の吟行を行って、俳句の出来ばえを競い合いながら、長良川鉄道の利用促進にも寄与しようという長良川鉄道吟行俳句大会の実行委員会に参加させてもらいました。

 

 しばらくすると長鉄に旧国鉄時代のカラーリング車両が走りはじめます。

f:id:heisei35:20211112215727p:plain

今年度もコロナの影響で開催できない大会ですが、来年度こそは立派に催して長鉄をアピールしようということになりました。

 

 来年度は関市文化協会創立50周年記念事業も予定されていますので、この大会準備は相当な負担になるかも知れません。大会の事務局長さんが風邪で欠席だったのが心配です。私は素人同然なので、力のある先輩俳人のみなさんの手足になって、大会準備や成功にできるだけ力を注ぎたいという気持ちになりました。

 初時雨 奥美濃駆ける チャギントン