川合治義つれづれのブログpart2

関市の市民活動家の日々

イネの花盛り

鉄の女サッチャー(屋根ふき職人)

 アメリカの女優メリル・ストリープが演じた『鉄の女』はメイキャップとイギリス英語で話題になったことを思い出させる映画でした。皇太子妃をセーヌ河畔に失ったエリザベス女王の苦悩を描いた映画『クィーン』の方が好きですが。

 イギリスの映画は緯度が高いせいか屋外のシーンでさえ暗くてやや陰鬱ですが、その分深く考えさせてくれるのでアメリカ映画よりずい分質が高く思えてしまいます。ただ007シリーズは別です。今度は『No time To Go』だったかなへへ。

f:id:heisei35:20200727150156j:plain

このシーン、スカートの裾をこういう風になびかせるのは快いのでしょうね。総選挙で勝利し、首相官邸へ乗り込む場面です。

f:id:heisei35:20200727150326j:plain

 昨日我が家の母屋と風呂場の間で見とれたミヤマカラスアゲハの舞を思い出しました。花の蜜ではなく、地面に下りて土の中の何を吸っていくのでしょう。

f:id:heisei35:20200727150509j:plain

ダウニング街10番地も行ってみました。(現在は盲腸の奥まで入れないようです。

f:id:heisei35:20200727160100j:plain

紙焼き写真のアルバムのどこかに写真もあるはずです。馬糞がおびただしい国会議事堂からネルソン提督のいるトラファルガー広場へ歩くと、途中に盲腸のような短い横町のようなどん詰まりの通りがあるのですが、鉄のフェンスの向こうに確かにイギリス首相官邸のドアが見えていました。すぐそばには土産物の人形のモデルのような格好の騎馬警官?が、まったく無表情に不動の姿勢を取りつづけていたのも思い出します。当時中1の息子はそこらじゅう引き回されてかなり疲れていたようです。

f:id:heisei35:20200727210555j:plain

 

 

 中濃厚生病院から安桜山は真正面なのですが、安桜山展望台が見えません。アベマキの枝葉が視界を遮ってしまっています。中濃病院の6階の食堂でささやかにくつろぐ患者さんたちにも展望台の雄姿を見せてあげたいものです。

f:id:heisei35:20200727151832j:plain

富加町の大山にある『火塚』

f:id:heisei35:20200727153152j:plain

正倉院の戸籍『美濃国加茂郡半布里』で有名な土地柄です。

f:id:heisei35:20200727153253j:plain

 その戸籍には『千人余の人口のうち六百人は渡来人である。』というように書かれていたはずです。川浦川や蜂屋川あるいは津保川から水を揚げる技術はこうした渡来人の知恵から来た、当時の最新の土木技術だったのでしょう。朝鮮半島の各地に似たような、低い山・丘に囲まれた田んぼが広がる風景が見られます。渡来人たちは自分の故国の風景に似た土地へたどり着き、仲間を呼び寄せたのでしょうか。

f:id:heisei35:20200727153448j:plain

 上の写真の左手方向の丘陵地帯には、そうした歴史遺産がまだ人知れず埋もれているはずです。

 

 時代は17世紀中葉になりますが、堂洞城で磔にされた人質姫のことを思って洞に入ってみると、よく見かける風景がありました。こんなところまで走って来ていらっしゃる!手前の田んぼが稲の開花で白っぽく見えました。

f:id:heisei35:20200727154119j:plain

 我が藤谷へ帰り、自分の田んぼで『稲の花』を確認。

f:id:heisei35:20200727154327j:plain