川合治義つれづれのブログpart2

関市の市民活動家の日々

実生ということ

楮(こうぞ)の苗

 今年は新型コロナのせいで中止となってしまった、太平洋と日本海を桜でつなぐ260km余のさくら道国際ネイチャーラン。その大会のもととなったのは国鉄名金線の車掌だった故安田良二さんの桜の植樹活動です。中学校の国語の教科書にその活動を記録した伝記が採用されていましたし、映画「さくら道」にもなりました。

 

 その映画には多くの感動的なシーンがありましたが、篠田三郎演ずる佐藤良二さんが沿道の過酷な四季の環境に耐える桜の苗木を育てる場面を思い出します。その時聞いた『実生』(みしょう)という言葉は印象が強かったです。

 

 我が家の下手の梅の木の崖です。父は梅を収穫していてここを転げ落ちました。

そこに切り払わずに残した楮の木に花が咲かいました。やがて桑の実のようなベリーが生ります。

f:id:heisei35:20200429182158j:plain

ピンボケですが、これが花。

f:id:heisei35:20200429182708j:plain

一昨年、去年と、この木イチゴが下の道路に落ち、脇の草むらで発芽した実生の幼木があるのを見つけて、草刈りのときに気を付けて伸ばしてきました。

f:id:heisei35:20200429182934j:plain

木イチゴですから一粒からこぼれた種子の発芽のため密な発芽と生長になっています。

f:id:heisei35:20200429182944j:plain

秋の落葉までここで育ててから、適当なところへ移植してやろうと思っています。

 

 楮はもちろん本美濃紙の主原料です。かつて上之保の地域支援員だった青年が栽培を試みましたが、シカの食害であきらめたということを聞いた覚えがあります。不確かです。

 もしうまく育つようなら、藤谷の耕作放棄地にたくさん栽培して美濃市の本和紙の原料として供給できないかな、と漠然と思っています。夕方の戸外での撮影ですが、一昨年薮で刈り取った楮から梳いて頂いた美濃本和紙です。

f:id:heisei35:20200429184536j:plain

 

今日も藤谷は平和でした。

明後日からの代掻きを控えて田んぼに水が張られていきます。

f:id:heisei35:20200429185224j:plain

赤みを帯びたタケノコが出てきました。

f:id:heisei35:20200429185302j:plain

 

 

図書が借りられます。(詳しくは関市立図書館のHPでご確認くださいね。)

【重要】5月1日から一部のサービスを再開します(予約本の貸出など)

Tweet ThisSend to Facebook | by 図書館職員C
当館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館中ですが、5月1日(金)から、本館・分館・分室ともに下記のサービスを再開します。

<再開するサービス>
・インターネット予約の予約本の貸出
・マイページ利用のメール申し込み(受付は5/1からです。4月中は申し込みできません)
 ※電子図書館の申し込みは引き続き行います。
 ※マイページと電子図書館のIDとパスワードは別です。